恋をしましょう

恋をすると、劇的に変わってしまうことがよくあります。
それは、恋愛に対するドキドキやときめきが、
ホルモン系の流れを変えるからです。

 

 

例えば、
女性であれば肌や髪が艶々になり、目の輝きが増してきます。
男性であれば、包容力が増し、イキイキとした声になります。
こういった外見上の魅力は異性を強烈に惹きつけるのです。

 

 

よく聞きませんか?恋人が出来た途端モテだした!
という声を。それは理に適っているんですよ。

 

 

下は、アンケート結果の一部です。

 

 

・ 料理が楽しくなった
・ 頑張ろうと思うようになった
・ 性格が穏やかになった
・ 無邪気になれた
・ 人の気持ちを考えられるようになった
・ 毎日ウキウキして、1日があっという間

 

 

このように、とても前向きな意見が多かったです。
特に相手を思いやること、考え方が変わった、
という人が大多数でしたね。

 

 

また、相手のために何かをしてあげられることに
喜びを感じられるようになった、という人もとても多かったです。

 

 

恋愛をするのは人の性(さが)です。
さらに、恋愛をすると全ての感性が高まり、
今まではキャッチできなかったような他人の心も
敏感に分かるようになったり、色々なことに興味を持ったりします。

 

 

恋愛をすること自体には、何の苦しみもありません。
むしろ、楽しいことが次々と起こってしまう魔法みたいなものです。

 

 

さらに恋愛大国フランスでは、
結婚後も人々は自由に恋をするのが当たり前といいます。
恋をすることこそが人生の楽しみである、とすら言われているからです。
それは不倫をするとか、そういうことではありません。

 

 

いつも行く喫茶店の店員さんにプチ恋心を抱くのもいいです。
決して「結ばれる」こと、「関係を持つ」ことが恋ではありません。

 

 

例えパートナーがいても、こうして誰かに恋をした結果、
心が開放されて清々しい気分になり、
今まで以上にパートナーへの愛情が深まるのです。

 

 

これが、本来持っている素晴らしい恋のパワーの姿だとすれば
恋愛の恩恵を受けないなんて、とても勿体無いことだと思いませんか。

 

 

傷付きたくないから恋愛はしたくない、という考えならば改めましょう。
「幸せになりたいから恋愛がしたい!」と思えばいいだけなののです。

 

恋の持つ力関連エントリー

相手の気持ちの捉え方
恋人の気持ちの捉え方
男女の違いとその理由
男女の違いとその理由について